審査の基準

誰しもが気になる「審査」って一体どうやっているのでしょう?
この審査によって、借りられる・借りられるないが決まります。また、融資額もこの時に決定することになります。すべてのキャッシング会社が同じ審査方法をとっているわけではないと思いますが、参考程度に審査の仕方を覚えておくと、今後キャッシングをす

る時に有利になってくることもあるので、覚えておくといいでしょう。

どうして「借りられない」?

別に多重債務者でもないのに・・・
高額な融資を希望してないのに・・・
どこ行っても同じことを言われ断られる・・・なんてことはありませんか?
消費者金融というのは、「お金を貸して」商売が成り立っています。それなのに、借りたいといっている人にどうして貸さないのでしょうか?もちろん、ただ「借りたい」と言えば貸してくれるわけではありません。
断られる側にも問題は必ずあります、その理由をいくつか並べてみました。参考にしてみてください。

「対面与信」
対面与信とは、勤務先や年収といった書面にかかれたプロフィールだけでは、顧客の信用を判断することができないので、直接会って相手の表情や言葉など、人格を正確に把握するために行うことです。
この対面与信では、その人のいわば「未来」をも審査するので、他社借入件数が多くても融資がおりる人もいます。しかし、言動がおかしかったり行動が落ち着かなかったりするなどの不安要素がある場合、「この人物は信用ならない」ということになってしまいます。負債をかかえると、なんだか後ろめたい気がして落ち着きがなくなってしまう人もいるかもしれませんが、人と人との大切な付き合いの基本を忘れずに窓口で接することを心がければ、対面与信で断られることはないでしょう。
普通に考えて、おかしな言動をとる人だと誰も信用しないのですよね。
年齢
借入契約可能な年齢を、高校生を除く18歳以上の社会人としている消費者金融機関が多いのは、年齢から収入を判断しているからです。申込み者が自由に使えるお金が多いと思われる年齢ほど、審査がとおりやすく融資枠も高いといってよいでしょう。
しかし、家族構成などによっても変わってくるため、一概に年齢が高い方が有利とは言えません。
また、一般的に25歳未満の若年層は収入も低いとみなされ、融資枠も小額のようです。
このため、消費者金融会社では、20歳以上でなければ申込み資格を与えていないところが多くなっています。学生専門のキャッシングサービスを行っている業者の場合だと、対象者が「学生」となるため、18歳以上であれば借入が可能となります。ある企業では、「既婚者」であれば、18歳以上の女性の場合のみ借入を認めています。これはなぜかと言うと、法律的には「既婚者の女性である場合、20歳未満でも成人と認められる」とされているからです。
勤続年数
ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社が、勤続年数は最低1年以上という規定を設けています。
そのため、入社してから日が浅かったり、転職したばかりという方は、ほとんど審査に通らないといってもよいでしょう。キャッシングを申し込んだ際の審査では、1つの会社に長く勤めている人のほうが信頼性が高いと判断するためです。なので、転職をしてどんなに収入が上がっていても、審査での信用度は残念ながら上がらないということになります。申し込み段階での勤続年数の確認は、実は消費者金融も裏付けがとれないため、ほとんどの会社が申し込み書に記入された自己申告を採用しています。
しかし、だからといって申込書に嘘を書いて申請しても、いずれ契約の段階で提出書類などからわかってしまいますので、正直に申告した方がよいでしょう。
雇用形態
消費者金融機関が好む職業の順番は、医師・弁護士・公務員・正社員・自営業・派遣社員・バイト・パート・主婦・学生・・・となります。
自由業には、作家・音楽家・芸術家・芸能人などが入ります。有名な方であれば審査基準はかなり高くなりますが、いくら有名人とはいっても、となってしまいます。簡単に言うと、長者番付に名前が載っている石橋貴○でも、消費者金融側にとっては、年収250万の会社員の方が信用ができる・・・ということになります。逆に敬遠される職業は、無名の芸能人・作家・アーティスト、パチンコ店の店員、新聞の勧誘員、タクシー運転手、水商売、日雇い作業員などです。いずれの職業も離職率が高く、収入が不安定、電話連絡がとりづらいなどの点が共通しています。消費者金融やクレジットカード会社など金貸し業者は、逃げられたときに追跡調査が難しい・不可能となる職業を敬遠しているので、職業というのは「借りれる」「借りられない」あるいは融資額に大きく関わってくる問題になります。

審査

誰しもが気になる「審査」って一体どうやっているのでしょう?
この審査によって、借りられる・借りられるないが決まり、また、融資額が決定することになります。
審査の仕方を覚えておくと、今後アナタにとって有利になってくることもあるので、覚えておくとよいでしょう。
ただし、これはあくまで一例なので、参考程度にする程度でお願いします。
場合によってはクレジットカード現金化がいいかもしれません。

個人信用情報機関での審査
顧客から融資の申し込みを受けた消費者金融機関は、まず、そのキャッシング会社が加盟している個人信用情報機関で、「氏名」「生年月日」「他社借入件数」「他社借入額」「返済状況」などを照会します。
その際、「連絡先」「勤務先」など他の情報もわかりますので、申し込み内容と違いがないかを確認します。もし顧客側がウソの申告をしていたとしたら、この時点でバレてしまうのでやめましょう。
消費者金融内での審査
人信用情報機関での審査が終わると、次に、消費者金融内での審査が行われます。
申し込み内容の「年齢」「勤続年数」「雇用形態」「勤務先規模」「年収」「居住年数」「居住形態」「家族構成」「電話」などから、各社独自の点数を出します。この点数というのは、持家(自己名義)が10点としたら、下宿は2点、住所不定0点などの点数をつけることです。 キャッシング会社は、この点数の合計で、ランクと融資額が決定しているのです。
電話連絡
消費者金融機関では、顧客の在籍確認をするために、申込み書に書かれた勤務先と、自宅連絡先に電話をします。この行為をする理由は、「本当にその会社に勤めているのか」「その電話番号は、本当に自宅なのか」などを確認するためで、要はウソを発見するために行うもので、別に「アナタの会社の??さんが今から借金をします。」ということを報告するものではないので安心しましょう。こうした電話連絡は、担当者の個人名でかけるので、勤務先の人たちや家族には消費者金融機関からの連絡であることがわからないようになっています。
審査通過の可否
個人信用情報機関での審査 → 消費者金融内での審査 → 在籍確認が終わると、審査通過の可否が機械的に算出されます。
あまりにも短時間なので審査が甘いと感じている人がいるようですが、そういうわけではありません。
こんなにも早い時間に審査結果を出せるようになったのも、個人信用情報機関を使ったり、各社独自の評価点などを利用することによって、確実な判断を行えるようになった結果ということです。

注目サイト

Last update:2018/11/26