賢い借り方

どうせキャッシングをするなら・・・

単にお金を借りるというだけなのに、借入の仕方は人それぞれで、さまざまなパターンがあります。
上手な借り方をしている人もいれば、損な借り方をしている人もいます。ひょっとすると、損な借り方をしている人の方が多いかも知れません。どうせ借りるなら上手にとキャッシングしたいですよね?
このページではその一例を紹介しているので、損な借り方にならないように参考にしてみて下さい。
クレジットカードで換金と言う方法もありますので、ついでに覚えておくといいでしょう。

数社同時に申込みをする

まずキャッシングの中から気に入ったサービスの会社を2〜3社に絞ります。
その絞った2〜3社に同時にインターネットから申込みをするのです。
一昔前なら、同時に申込みをするということは、借りる側にとってはデメリットでした。
なぜなら、信用情報機関に申込みしたことが登録され、一度に何社も申込みする人はいくら借入しようとしているかわからないので、金融会社としては危険な人物とみてしまうからです。でも、今は違います。時代が変わり、消費者がよりよいサービスのキャッシングを選ぶということが当たり前になりつつあるので、キャッシングも選ばれているという自覚があり、同時に数社申しこんだとしてもあまり敬遠しなくなっています。
また、3社までの申込みであれば、信用情報機関に登録されたとしてもあまり問題にはならないでしょう。
キャッシングの金利比較・審査基準なども知っておくとよりキャッシングがやりやすくなります。

メリットは?
単純に良い条件の会社を見極める為です。
最近のキャッシングの広告は、貸付条件自体が広告になっています。
例えば、「業界最低水準の低金利8%〜、余裕の限度額300万・・」などは、キャッシングを利用しようとしている人には魅力的に映ります。しかし、いざ申込みしてみて出てきた審査結果は、「初回100万の限度額で金利22%です。」という回答だったり・・・というのがよくあります。こうなると人間の心理的に、「まあ、これでもいいか!」という妥協でそのまま契約してしまうことも少なくありません。それではキャッシング会社の思うツボです。表面的に金利1ケタ台、最高限度額数百万は当たり前にたくさんあります。
でも、実際は審査をしてみないことにはハッキリとした条件がわからないので、数社で見積もって一番いいところを利用すれば良いのです。
借入件数を少なく

借入件数を少なくすることは金融会社から見ても歓迎されます。
金融会社はたとえ借入金額が多くても、借入件数が少ない=優良顧客と見るのです。
金融会社は優良顧客と判断すれば、融資枠も広げてくれるし、利率も安く見直してくれます。
借入件数を少なくするようにしておけばメリットがあるのです。
例えばこんな事例があります。たまに「下手な借り方をしているな〜」と思う人をよく見かけます。
簡単融資 融資の方法をもっとしっていれば良いのにと思ってしまいます。

どんな、借り方かというと
・ A社に20万
・ B社に30万
・ C社に50万

というように、3社に対して合計100万円のキャッシングをしているというようなパターンです。
小口の借入が多く、借入金額の割りに件数が多い人は、審査で損をしてしまいます。
金融会社は、借入金額よりも借入件数を重視する傾向があるので、同じ100万円をキャッシングするとしても、3社より1社の方がはるかに信用度が高いと判断しています。お客さんが2人いたとて、一方は、6社から合計200万円の借入があり、もう1人は2社から300万円の借入がある人だったとしたら、2社から300万円借りている人の方に大きく融資してくれる方が多いですし、金利も低くしたりしてくれます。
一般的な発想からいくと、借入金額が少ない人の方が審査が通りやすいのでは?と思っている人が多いと思いますが、実際は借入金額ではなく借入件数が少ない人の方が審査が通りやすいんです。
金融会社は、このお客さんは信用が低いから、他社も大きく貸していないんだな、とか、ひょっとして他社はお客さんの返済に問題があったから追加の融資をせず、単価が低いままになっているのではないか、と考えてしまうのです。そうなると初回の融資は少な目にしておこうと、いうことで減額される場合が多くなるのです。

裏技!?

キャッシングの裏技(?)の紹介です。
キャッシングの返済に困ったときには大車輪と呼ばれる裏技があります。
ノーローンのシンキというキャッシングの会社があるのですが、これを利用してキャッシングの返済をするというもので、これを利用すればキャッシングの金利が1/8に抑えられるという裏技だそうです。キャッシングのシンキでは一週間以内なら無利息です。何度借りても一週間以内に返済すれば無利息です。
なので、これを利用してキャッシングの金利を抑えれば「金利が高いので元金が減らない」という人でも減らすことができるというわけです。
まず、一般のキャッシング会社への返済のために、無利息のシンキからお金を借ります。そして一般のキャッシング会社を返済したあと、また一週間たたないうちに一般のキャッシングの会社ら無利息のシンキに返済します。そしてまた、シンキから一般のキャッシングに返済をするという方法でこれを繰り返すというものです。これならとりあえず、金利が増えていく心配がなく、利息を減らすことができるという方法です。
面倒ではありますが背に腹は変えられないという切羽詰っている人にはよい裏技かもしれません。
何度も行ったり来たりしているので大変ですが、これで金利が1/8に収まります。
お得なクレジットカード比較!などもしてみるともっと良い裏技が見つかるかも知れません。

おすすめWEBサイト 5選

2017/4/13 更新